Kamikaze War Server
公式Webサイト


建築エリアについての解説・ルール

建築エリアのルール


下記のような建築/土地利用を行った場合、注意/警告/建築の撤去/処罰 の対象となります

・Y座標 128 を超える高さに設置されたブロックを含む建築 (高度制限)
・所有する領域の上空から通路側、もしくは利用権を有しない他者の土地側へはみ出した建築
     (ただしルールで定められた特別な例外を除く)
・「クロック回路」を常に動作させ、サーバーに過剰な負担をかけるような機構を持つ建築
・他者の中傷/政治的な主張/わいせつな表現/その他不適切な主張や表現 を目的とした建築
・大量のMOB(スノーゴーレム等)を1箇所に詰め込むような利用。
・植林、または農業のみを目的とした土地の利用。(景観やサーバー負荷の問題になります)
・サブアカウントを用いて同一人物が2区画以上を占有する行為。(特別な許可を得ている場合は除く)
・その他「サーバールール・禁止事項」に記載されている違反に該当する行為。。


また、下記のような場合も土地の所有権を放棄したとみなされ、 建築の撤去の対象 となる場合があります。
・購入した土地を利用せず(建造物がない状態で)、10日以上放置されている場合。
・購入した土地を利用せず、購入者のログインが7日以上存在しない場合。
・土地の購入者のログインが30日以上存在しない場合。
  (ただし共同利用者のログインが14日以内に存在する場合は除く)
・土地の購入者が処罰によってログインが不可能になった場合。


放置によって撤去された建築物の復旧・代金の返金は原則として行われないことをご了承下さい。
(事故や入院などやむを得ない事情が特別に認められる場合を除きます。その際は相応の証拠を提示して下さい。バックアップデータから復元します。)



以下建築エリアについての解説



建築エリアの利用方法


各エリアの前に設置されている看板を右クリックすることで、 対象のエリアを「セレクト」(選択) したことになります。 エリアが選択された状態でコマンド「 //rg buy 」を実行すると、 対象に指定したエリアの購入の処理が行われます。

購入された土地は他者からのブロックの編集等の行動が制限され、荒らしの被害等から免れることができます。 なお、購入時に存在する「草ブロック」「石ブロック」「色つきの堅焼き粘土」と「グロウストーン」は、 破壊し他のブロックに置き換えてかまいません。これらのアイテムは自由に使うことが許可されています。

この状態では、購入したプレイヤーのみエリア内の編集が可能です。 共同利用等の為に複数人で利用したい場合、エリアを選択した状態で コマンド「 //rg addmember プレイヤー名 」 を実行することで指定したプレイヤーの編集制限が解除されます。
なお、逆に制限の解除を削除する際は コマンド「 //rg delmember プレイヤー名」です。
「 //rg sell 」で土地を手放すことが可能ですが、 設置・破壊されたブロックが全て消去され、購入金額の一部のみしか払い戻されないのでご注意してください。

複数人で隣接したエリアを購入することは両者の合意の上であれば許可されています。 ただし、Y座標69以下のブロックは編集ができない影響で 各エリアに5ブロック隙間が開いてしまうことになります。 また、地下に関しては一切の編集ができません。

そのため、必要があれば管理人またはモデレーターによってこの制限の緩和を行います。 ただしその際は、 連結するエリア販売金額の合計の4倍 または 50万 Coin のいずれか高いほうを 手数料として徴収させていただきます。

なお、両者の合意の上で通路の向こう側にある他者の土地へ「橋」をかけることは、幅5ブロック高さ6ブロック以下のものに限り2つまで許可されています。 (橋をかけるだけであれば土地の統合による制限緩和は必要ありません。)
サーバールールページに戻る


ページのトップへ戻る